メルボルンのワーホリで仕事の探し方!おすすめの求人サイト紹介!


スポンサードリンク

f:id:honoka888:20200715165004j:image

 

オーストラリアで仕事を見つけるのは大変ですよね!

 レジュメ配りに心が折れたり、慣れない英語に苦戦したり…

 

私はメルボルンにワーホリビザで1年間滞在したのですが、お金がなかったのですぐに仕事を見つける必要があり焦った記憶があります。

  

ちなみに私はこの3つの条件に絞って仕事を探していました。

  • 英語環境
  • 時給は最低賃金以上
  • 日本人が少ない店

 

そして機会があれば大好きなカフェでも働きたいと思っていた時も…

 

実際に1週間で条件を満たすキッチンでの仕事をゲットでき、カフェでもトライアルを経験できました。

 

そんな私なりの仕事の探し方やおすすめの求人サイトや体験談をシェアしたいと思います!

 

メルボルンで仕事を見つける方法は?

私はメルボルンで1年間過ごしてみて、メルボルンはそんなに求人情報が少ない地域ではないと思っています。

 

たしかに自分が仕事を探している期間は少なく感じるかもしれません。ですがオーストラリア第2の都市なのでお店も十分にあります!

 

私が試したメルボルンでの仕事の見つけ方は4つです。

  1. レジュメを直接渡しに行く
  2. 求人サイトから応募
  3. Facebookグループの求人情報から応募
  4. 人からの紹介

レジュメを渡しに行くだけで精一杯の私には、電話をしたり自分を売り込みに行くほどの勇気はなかったので、求人サイトからの応募をよくしていました。 

 

3のFacebookグループにも意外と求人情報が上がってくるので、未見でしたら一度チェックしてみてください。

 

また4の「人からの紹介」つまり"コネ"は強いなと改めて思います。

 

私の働いていた店でもオーナーは求人情報を投稿する前に、今いるスタッフに誰か友達で働きたそうな人はいないかを聞いていました。

 

仕事を探している期間は、出会う人みんなに仕事を探しているアピールをすると情報が得られるかもしれません。

 

メルボルンで使った求人サイト紹介!

まずメルボルンで仕事を探す時に私が使った求人サイトを紹介します!

これから紹介する4つは主に日本人向けのサイトなので、英語が苦手な方におすすめです。

1.日豪プレス

日豪プレス」は私自身も1番使っていたサイトです。

私は運が良いことに日豪プレスで仕事と家を見つけることができました。

日本人やアジア系の方が多く求人を投稿している印象。

絞り込み検索ができるのが便利でした。

 

ちなみに私は日豪プレスに投稿されていた求人から仕事をゲットしました。

Google翻訳で変換されたような文章だったので日本人オーナーではないだろうと予想して応募してみました。

2.DENGON NET

DENGON NET」も同率1番によく使ったサイトです。

仕事を探している時は新しい情報を求めて毎分ページを更新していました。

こちらはメルボルン限定のページなので情報が見つけやすいです。

3.GO豪メルボルン

GO豪メルボルン」は時々チラ見する程度に使いました。

日豪プレスとDENGON NETにない求人があったりします。

こちらではメルボルンのイベント情報なども収集できます。

4.JAMS.TV

JAMS.TV」も時々チラ見していました。

こちらはメルボルンの情報は少ない印象です。

他のサイトに目を通した後に他に情報がないかチェックする感じで使いました。

 

メルボルンで使ったローカルジョブの求人サイト紹介!

続いてローカルジョブを探すのに使ったサイトを紹介していきます!

現地の人たちが使っているようなサイトなので、みなさんの希望する職種によって使い分けてみてください。

1.SEEK

SEEK」はローカルジョブに挑戦したい時に見ていました。

現地の求人情報を見つけられるのでローカルジョブを探す人におすすめです。

2.Gumtree

Gumtree」もローカルジョブを探す時に使いました。

シェアハウス探しにも役立つサイトです。

3.Coffee jobs

Coffee jobs」はカフェの仕事を探していた時に使いました。

メール登録すると毎週新着の求人が送られてきて便利でした。

4.Jora

Jora」はたまに目を通していました。紹介までです。

5.Indeed

Indeed」もチラ見する程度に使いました。こちらも紹介まで。

 

メルボルンのカフェでトライアルできた!

メルボルンに来た当初は憧れていたカフェでの仕事ですが、英語力不足から諦めていたころに幸運にも人気カフェでトライアルができました。

 

ずばりトライアルをゲットした方法は、カフェの公式インスタグラムに投稿された求人募集の情報を見てすぐにメールで応募しました。

 

 

候補者が多く採用はされませんでしたが、メルボルンでは有名なカフェでトライアルできたことは良い経験になりました。

 

約1時間ほどのトライアルできちんとお金ももらえて、カフェの裏側を知ることができたので満足です。

 

私はそれまで3カ月ほどレストランのキッチンで働いていたので、おそらく経験も加味されてトライアルの機会をもらえたのだと思います。

 

最近は意外とインスタグラムでも求人の投稿があるので、お気に入りのカフェのSNSをフォローしておくと情報を得られておすすめです。

 

 

メルボルンでの仕事が見つかりますように

ここまで私の体験談も含めてメルボルンでの仕事の見つけ方を紹介しました。

 

参考までに私の友達の話をすると、バリスタ経験がなく1度だけ初心者レッスンに行っただけで「バリスタやってました!」と言い切ってバリスタになった子もいます。

 

私には真似できませんが強気に情熱を持ってぶつかるのも時として効果があるみたいです…。


仕事探しは運やタイミングもあると思うので地道にトライするのが良いと思います。

 

私はワーホリビザで英語環境のキッチンで働いたごく普通のパターンですが、この記事が何かみなさんの仕事探しのヒントになれば嬉しいです!

 

プライバシーポリシー