「シスターズ」3話4話の考察!ベトナムの幽霊・神話・モンテクリスト伯・ベトナム戦争!


スポンサードリンク

f:id:honoka888:20220917124923j:image

 

Netflixで配信中の新作韓国ドラマ「シスターズ(韓国語:작은 아씨들、英題:Little Women) 」


4話まで見ましたが本当に作り込まれていて、毎話美しい映像やひねりのある脚本に感動するばかり!


私を探偵モードにさせた1,2話の考察も当たったり、当たらなかったり…さらに3,4話で新たに分かったこともたくさん!

推測どおりに進んでしまうドラマも多い中で、深読みしすぎてだまされたりするのもまた楽しいです。


今回もみなさんと「ああじゃない?こうじゃない?」とお話するような感じで、「シスターズ」3話4話の考察!そして気になる謎について見ていきましょう!

 

choose-life.hatenablog.com

 

シスターズとギリシャ神話

3話で気になったのがアリアドネというワード!


イネがウォン・サンアをアリアドネの石膏の鼻の形と似ているから"アリアドネ"と呼んでいたり、イネはサンアのドールハウスにあった人形を"アリアドネ"とつぶやいてから盗みました。


アリアドネ」とはギリシャ神話に登場する女性なのですが、アリアドネに関する話がウォン・サンアを中心とした人物に当てはまる気がするんです!

アリアドネというと"アリアドネの糸"の話が有名なのですが、物語に上の人物予想を当てはめて見てみるとぴったりなんです!

 

アリアドネに関連する物語を簡単に紹介します。

  1. ミノス王の娘アリアドネミノタウロス退治に来たテセウスに一目惚れ
  2. 結婚して連れ出すことを条件にテセウスを手助けする
  3. ミノス王によりミノタウロスは迷宮に閉じ込められている
  4. アリアドネは迷宮内を出る時に道案内をする糸玉をテセウスに持たせる(アリアドネの糸)
  5. テセウスが見事ミノタウロスを退治
  6. アリアドネの糸によって迷宮からも脱出

3番目にあげたミノス王がミノタウロスを迷宮に閉じ込められたことは、ウォン・ギソン将軍が息子のソンウを精神病院に入れた出来事と似ています。


またアリアドネの糸テセウスミノタウロスを退治して迷宮から出られたように、ウォン・サンアの手助けでパク・ジェサンがウォン・ソンウをおとしいれ今の位置を掴んだという過去があってもおかしくはありません。


そして気になるのがアリアドネテセウスのその後の展開!!


迷宮からの脱出後、なんとテセウスは移動途中のナクソス島でアリアドネのことを置き去りにするのです。


なんともパク・ジェサンっぽいですよね!!

自分の目標だけを追っているようなパク・ジェサンなので、目的が果たされたときに妻であるウォン・サンアを見捨てるという展開も多いにあり得そうです…!


シスターズとモンテ・クリスト伯


ウォン・サンウの部屋からインジュが脱出した後、サンウのこんなセリフがありました。


エドモン・ダンテスが脱出に成功したところなのに」

そしてサンウの片手にはモンテ・クリスト伯の本。


彼の言葉は「モンテ・クリスト伯」の主人公エドモン・ダンテスとインジュの姿を重ね得ているように聞こえます。


モンテ・クリスト伯」はアレクサンドル・デュマ・ペールの有名な小説で、この物語を原作としたドラマや映画も多いです。

 

モンテ・クリスト伯」の物語を簡単に紹介します。

無罪の罪で孤島の監獄に入れられたエドモン・ダンテスは、14年もの獄中生活に耐え脱獄に成功。モンテクリスト島に隠されていた財宝を手にした後、モンテ・クリスト伯爵と名乗り自分を陥れた人々に復讐する。

そんな「モンテ・クリスト伯」の主人公エドモン・ダンテスと、オ・インジュの似ているところ、そしてまだインジュには起こっていない出来事を挙げてみます。

エドモンとインジュの類似点》

・ファリア神父から知識を受け継ぎ、モンテクリスト島に隠されていた財宝のありかを知って大きな富を手に入れる

→ファヨンからさまざまなことを教えられ、彼女が隠していた大金を手にする


・身に覚えのない罪を被せられる

→他人から見れば盗んだ裏金を奪ったことになっている


《まだ起こっていないこと》

・脱獄してから9年後にイタリアの貴族"モンテ・クリスト伯爵"となって復讐を始める

→インジュがお姫様のようになって復讐?

共通点を見ればソンウがエドモン・ダンテスの名前を出したことにも納得でき、まだ起こっていない出来事については、これから同じようなことがある可能性を感じられます。

 

モンテ・クリスト伯」は復讐劇ですが、現時点でのインジュはどちらかといえば"復讐するぞ!"という感情では無さそうなので、そこも少し異なる点です。

 

それでも泥棒姫の花「つぼみの時は貧相だが花が咲くとまさにお姫様」という言葉のとおり、インジュがお姫様のように大変身するという未来が期待できますね!!


青い蘭は"ベトナムの幽霊"!


これまで謎だった「青い蘭」の正体がだんだん分かってきました!


ここまでで分かった「青い蘭」の特徴をまとめてみましょう。

  • "通称ベトナムの幽霊"
  • ベトナム戦時中アメリカに持ち込まれたが交配に失敗し現在は数株のみ生存
  • ベトナムの密林で数株を手に取った探検家や植物学者は皆命を失った→死のランとも呼ばれている
  • 原住民の一部の呪術師しか生育地を知らない
  • 一般人がランに触れると危険

私が好きな映画「アダプテーション」でも取り上げられていた"幽霊蘭"と呼ばれる希少な蘭は実在するのですが、この青色の"ベトナムの幽霊"はドラマオリジナルで制作した花のようです。


そんな数株しかないはずの希少な"ベトナムの幽霊"ですが、4話で登場したウォン・ギソン将軍の秘密の温室には大きな木に着生した何十本もの蘭がありましたね!

これまで不吉な出来事とともに登場した青い蘭も、この温室から採取された可能性が高そうです…!


「このランは絶滅危惧種で毒があるから輸入や栽が禁じられてる」

というソンアの言葉からも「青い蘭」は毒性を持つことが分かりました。


青い蘭の持つ毒性についてもまとめてみます。

  • 香りを嗅ぐ→痛みが消え気持ちのいいめまいがする
  • 過敏な人→脈拍が速くなる、足が軽くなり幻覚が起こる
  • 根を煎じて飲む→無感覚の状態になり深い眠りにつける


呪術師はこの瞬間を"天に昇る階段の始まり"だと言い、この過程で"死者の霊に会うこともある" 

とも説明がありました。

 

触っても、香りを嗅いでも、口にしてもダメということですね!
実際にこの「青い蘭」の香りをかいでしまったイネは、病弱だったせいか脈拍が早くなり気分が悪くなって倒れ、幻覚と幻聴が起こりました。

 

"死者の霊に会う"という話のとおり、自分が生まれる前に亡くなった三女インソンの声を聞くという体験もしていましたね。


サンアの不気味な表情から見て分かるように、サンアは毒性をもともと知っていながらわざとイネに青い蘭の香りを嗅がせ、彼女が苦しむのを心待ちにしていたようでした。


また、ボペ貯蓄銀行の頭取が病室で不審に亡くなった場面でも、パク・ジェサンは青い蘭の効能を使って頭取を落ち着かせていました。

なのでウォン・サンアとパク・ジェサンは青い蘭を持っていて、蘭の持つ効能について知っていたことは間違いないです。


さらには頭取も青い蘭の効能を知っていて、自分で青い蘭の香りを嗅いでいました。

その理由はまだ明確になっていませんが、これからやってくる死への痛みや不安を和らげたかった、もしくは死者の霊に会いたかったのかもしれません。


オ家は4姉妹だった!三女はオ・インソン


ひとつ前の記事で「シスターズ」のオ姉妹は「若草物語」と同じく4姉妹であるはずだ!という考察をしましたが…

4話でオ姉妹は三姉妹ではなく四姉妹だったことが発覚しましたね!!


オ家の三女の名前はオ・インソン

幼くして病気で亡くなってしまった子でした。

若草物語」の三女ベスも病弱で物語の途中で亡くなってしまうので、やはり特徴も似ていますね!


母とのテレビ電話のシーンから、インソンが意識を失った夜、父は稼ぎに出ていて連絡がつかなかった。インソンがすでに亡くなっていると知りながら病院までおぶったという事実が確認できました。

 

インソンが亡くなった時期は2,3歳の頃。長女インジュの記憶によるとイネが生まれる前、インジュが8歳、インギョンが6歳の頃でした。


イネが三女インソンを覚えていた理由!韓国語字幕から確認!


インギョンはインソンのことを全く覚えていなかったことも不思議ですが、なぜか生まれる前だったはずのイネが三女インソンのことを知っていました。


母の言葉にその原因があったのですが、日本語字幕だといまいち分かりにくかったので、韓国語を直訳ぎみにしてみます!

(日本語)

他に言える人がいなかったの

イネをおんぶする度に思い出して…

(韓国語)

誰にも話せなくて

言葉が話せない赤ちゃんに話した

イネをおぶって寝かしつけるたびに

あの日を思い出して

아무한테도 말할 수가 없어서

말 못 하는 아기한테 말했어

인혜 업어 재울 때마다

그날 생각이 나서

 

私は韓国語で見てやっと理解できました。

イネは幼いながらも母の言葉を聞いていたから覚えていたということが分かりやすいと思います…!


言葉も話せないほど幼い頃の記憶が残っていることは稀にありますが、イネもそんな記憶を持つ1人だったようです。

 

共通点は"ベトナム戦争"!イネの遺伝性心疾患も?


今後の「シスターズ」の展開の中で"ベトナム戦争"もキーポイントになってくるのではないかと気になっています!


ドラマの中で"ベトナム戦争"について言及があった登場人物をまとめてみました。

ウォン・ギソン将軍

ベトナム戦争で功績を残した

パク・イルボク(パク・ジェサンの父)

→ウォン・ギソン将軍の運転手で鉱山労働者

生活苦からベトナム戦争に参加

枯葉剤の後遺症で皮膚病と精神疾患

ジョエル・フィールズ(蘭の本の著者)の兄

ベトナム戦争で戦死

キム・ダルス頭取(推測)

→"戦争は終わっていません"

さらには青い蘭の通称が"ベトナムの幽霊"で、生息地がベトナムだったことも4話で発覚しました。


とても小さなネタまで拾うとすれば、シン取締役が車を発進させて検事に電話をしているときにベトナム名物でもある「フォーを食べる」とも言っていたり…

こう見てみると"ベトナム""戦争"関連のものが「シスターズ」の中には意外と多く散りばめられていますよね!

 

ちなみにベトナム戦争1964年〜1975年の出来事。

韓国はアメリオーストラリア・タイ・フィリピン・ニュージーランドとともに南ベトナム側で参戦しました。


青い蘭の本の著者ジョエル・フィールズは、荷物の住所からオーストラリア在住だと読み取れたので兄もオーストラリア人なのではないかなと推測しています。韓国と同じ南ベトナム側で参戦していたはずです。


ウォン・ギソン将軍とパク・イルソプ、そしておそらくキム・ダルス頭取は当時ベトナム戦争に参戦し、戦地ベトナムで青い蘭の存在を知って密輸したのでしょう。

 

パク・ジェサンの父の世代、インジュから見て祖父の世代である70代前後の登場人物はかなり高い確率で"ベトナム戦争"や"青い蘭"でつながっている気がします…!


キム・ダルス頭取もベトナム戦争に参加?


推測として挙げたポベ貯蓄銀行キム・ダルス頭取も、ベトナム戦争に参加していただろうと私は考えています。


実際には'ベトナム戦争'とは明言されていませんが、パク・ジェサンの言葉からキム・ダルス頭取がウォン・ギソン将軍のもとで戦争に参加していたことが分かります。

戦争は終わってません

将軍が待っておられます

すごく不気味で意味深な会話でしたよね!

2人だけが分かる合言葉のようで、2人にとっては以前から知っていた言葉のようでした。


またキム・ダルス頭取も青い蘭の効能を知って将軍らと同年代の人物です。

なので戦争といえば"ベトナム戦争"に参加していたと推測しても良いと思います。


さらには"ポベ銀行の資本金作りに軍事政権が便宜を図った"という経緯もあるので、ポベ貯蓄銀行の頭取であるキム・ダルスは将軍とのコネがあったことも推測できます。

 

キム・ダルス頭取の死をそそのかしたのはパク・ジェサンだと思いますが、頭取の抱く将軍への恩義を利用したのかもしれません。

5話は本の翻訳者チャン・サピョンに注目

ジュンホが見つけてきた「青いラン」という本によって、インギョンとジュンホは蘭の特徴について知りました。


「青いラン」の本の表紙にはこう書かれています。

韓国語:푸른 난초 英語:Blue Orchid

本の著者:ジョエル・フィールズ

翻訳者:チャン・サピョン

ジョエル・フィールズとのテレビ電話のシーンから、翻訳者のチャン・サピョンが住む「京畿道ムシム郡ノマ面キムタン里26」に次なるヒントが隠されていることは間違いありません。


インギョンに情報提供をしようとしていた甥のキム・チョルソンも「この場所から取材して」と伝えていましたね。


翻訳者のチャン・サピョンは著者のジョエル・フィールズに青い蘭を1株送っていたので、チャン・サンピョンもウォン・ギソン将軍のように蘭を栽培している可能性があります。


さらにさらに!公式ホームページにはすでにプロフィール写真がありました!

俳優のチャン・グァン(장광)さんが演じられるようですね!この方、映画「トガニ」の不気味なイメージが強くて…その時も校長役でした…


そしてドラマ内で言及されていない事実もこのプロフィールから分かりました。

  • 《青いラン》の翻訳者
  • ウォルリョン学校の校長
  • ウォン・ギソン将軍を尊敬している

なんとチャン・サンピョンもウォルリョングループ関係者!


そしてウォン・ギソン将軍を尊敬しているという点や70代くらいの人物であるという点でも、チャン・サンピョンも青い蘭だけでなくベトナム戦争でもつながっているかもしれません…!


大おばさん(オ・ヘソク)とパク・イルボク
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tvN 드라마 공식 계정(@tvn_drama)がシェアした投稿


ここでもう1つ気になるのが、イネの手術費用を支払うシーンで、大おばさんがパク・ジェサンの父であるパク・イルボクのことを知っていたこと!


彼女と初めて会ったであろうパク・ジェサンも「この人何者?!」という表情をしていました。

「一括で」が爽快すぎましたね…!大おばさんのように生きたい…!

 

大おばさんもウォン・ギソン将軍などときっと同年代の人物ですよね。


大おばさんはパク・イルボクについて、

若い時に一緒に土地を見に行った

と話していました。

"パク・イルボクさん"と呼んでいたので、仲がいいというよりは知り合いの間柄なのかなと感じとれます。


大おばさん(オ・ヘソク)のドラマ公式プロフィールにはこう書かれています。 

三姉妹の大おばさん。(고모할머니:三姉妹から見て父方の祖父の姉妹にあたる血縁)

若いとき、米軍の軍人と結婚アメリカに行ったが離婚した後は現地で看護師になった。その後、韓国に帰国して不動産投資を始め、現在は不動産業界の富豪。金の前では血縁も捨てられる冷酷な人物。

ドラマではまだ語られていない事実が多いですが、"米軍の軍人と結婚"というとやはり米軍=ベトナム戦争と関連づけたくなってしまいます。


"一緒に土地を見に行った"という言葉から、大おばさんが帰国後、不動産投資を始めた時期に、ウォン・ギソン将軍の運転手としてのパク・イルボクと会っていた可能性はありそうです。


ウォン・ギソン将軍もオ・ヘソクも同年代の富豪なので、まだ明らかになっていないつながりがありそうですね…!


ベトナム戦争の後遺症とイネの遺伝性心疾患?


これは私の心配しすぎだと思いますので、サラッと聞いていただけると嬉しいです…!


パク・イルボクが枯葉剤の後遺症で苦しんだことから、イネの遺伝性疾患というのがベトナム戦争由来のものではないのかな?と気になっています。

ベトナム戦争では枯葉剤が使われたこと、そして枯葉剤による健康被害があったことも有名です。


パク・ジェサンの父、パク・イルボクは枯葉剤の後遺症で皮膚病と精神疾患に苦しんでいたことも分かっています。

枯葉剤は後遺症に苦しむだけでなく、子どもの代に遺伝性の病気を引き起こしたり奇形児が生まれることでも有名です。

 

4話の中でイネと三女インソンの病気は遺伝性の奇病"ルイジ病"だと発覚しました。

ルイジ病と調べてみてもネット上には出てこなかったので、これはドラマオリジナルの病気のようです。


気になるのがインギョンの言葉の中で"変形した足の指"とありましたが、これは奇形という意味ではないのかな…?と少し心配しています。

英語と韓国語では"突き出た足の指、つま先"というような言葉になっているので、どの程度なのか分かりません。


そもそも祖父の代の枯葉剤の後遺症や遺伝が孫の代まで影響を及ぼすのかも不明ですが、

  • 大おばさんが三女インソンが亡くなった時に異常に泣いていたこと
  • "遺伝性の奇病"という言葉にパク・ジェサンが特別に反応していたこと

私が地味に気になっているこの2点についても、ベトナム戦争が原因と考えれば説明がつきます。


仮説を立てるとすればこうです。

  1. イネの祖父で大おばさんの兄弟にあたる人物も、ベトナム戦争に従事して枯葉剤の影響を受けた。その遺伝性疾患が孫にも出てしまったことへの悲しみや罪悪感があった。看護師の経験があるからなおさら。

  2. パク・イルボクからの遺伝性疾患を
    パク・ジェサン自身も受け継いでいる可能性。そんなイネにパク・ジェサン自身も共感し利用しようとした。ただ大病だからではなく、遺伝性疾患だったから特別に反応した。

サンアもイネをわざと入院させて、"遺伝性の奇病"だとパク・ジェサンに伝えたように見えましたよね!

青い蘭の臭いを嗅がせて病院行きを仕向け、遺伝性心疾患の名医がいる정혜(チョンへ)大学病院で検査をさせたので、元々この状況を狙っていたように私は感じました…。

 

イネは一命を取り留め手術費も大おばさんの財力で払いましたが、まだ何かありそうだと思っています!


ファヨンとパク・ジェサンの共通点やつながりは?

どん底の人間がどこまで上がれるか

 

3話のパク・ジェサンのセリフの中に印象的な言葉がありました。


パク・ジェサン)

戦争は終わってません

将軍が待っておられます

どん底の人間がどこまで上がれますか?

頭取)最も高く明るい所まで

가장 밑바닥에 있던 사람이

어디까지 올라갈 수 있을까요?

가장 높고 밝은 곳까지


"どん底の人間がどこまで上がれますか?"

これどこかで聞いたことがありませんか?

そうです!ファヨンの遺書とSNSにも書いてあった言葉ですよね!

"どん底の人間がどこまで上がれるかな"

 

2話でファヨンの遺書はSNSから引用されていることがわかっています。

もしSNSの言葉をファヨンが投稿していたならば、同じ文章を使っていたファヨンとパク・ジェサンはかなり深くつながっているはず…!


ファヨンの遺書を書いた人物は誰?


一度ここでファヨンの遺書の内容をおさらいしてみます。


高卒で極貧(無スプーン)

一生結婚すら望めない→(SNSにあり、1話でファヨンの口からも語られた)

でも一度は完璧な顔になりたかった→(SNSにあり)

父さんを許したくない→(父関連でトラブル)

もっと時間があれば全財産を寄付して残さなかったのに→?

私の葬儀に同僚を来させないで→?

どん底の人間がどこまで上がれるかな→(SNSにあり、パク・ジェサンと同じ)悔しい あと1週間耐えたら見せられたのに→?

고졸에 무수저

영원히 희망 없는 도태녀

그래도 한 번은 완벽한 얼굴로 살어보고 싶었어

아빠 용서하고 싶지 않다.

시간이 더 있었으면 전 재산 기부하고 한 푼도 안 남겼을 텐데. 

회사 사람들, 내 장례식에 못 오게 해라.


가장 밑바닥에 있던 사람이 어디까지 올라갈 수 있을까? 

아깝다, 일주일만 더 버티면 보여줄 수 있었는데.

インジュが疑っていたように、 ファヨンが遺書にSNSの文章を再編集するのは不自然です。


私たちが SNSの中で目にしていない文章を抜粋すると、

  • 父さんを許したくない
  • もっと時間があれば全財産を寄付して残さなかったのに
  • 私の葬儀に同僚を来させないで
  • 悔しい あと1週間耐えたら見せられたのに

では一体誰が遺書を作ったのか?

最初に疑われていたシン取締役はファヨンのSNSさえ知りませんでした。


"父さんを許したくない"という言葉からも、お父さんの話をしている間柄かというのも1つヒントになりそうですね。


謎の多いチェ・ドイルはスイスのカフェで"お母さんから未来の経済の話までたくさん話した"と語っていますが、父の話を聞いていたかまでは不明です。

 

そしてやはりパク・ジェサン夫妻も怪しい!

仲が良かったと言い張るサンアも月に1度は会っていたようですし、貧しい父親がいることで苦労していたパク・ジェサンも可能性は高いです。

[Qoo10] [韓国コスメ] マルチバーム (9g)/

WWW.QOO10.JP

"人間は自分と似た境遇の人に共感する"

パク・ジェサンとファヨンのツーショットは今まで1度も出てきていません。

しかしファヨンはウォン・サンア、ウォン・ソンウそしてチェ・ドイルと面識がありました。

なのでパク・ジェサンともつながっているはずですし、彼女の死にも関係しているはず。


ウォン・サンアとファヨンは月1回会っていたようですが、2人きりではなくサンアの隣にはパク・ジェサンもいたかもしれません。


ファヨンが1話でインジュに言ったセリフ

「人間は自分と似た境遇の人に共感するものよ」

という言葉もかなりポイント。


パク・ジェサンとファヨンは極貧時代を経験してきたという点で共通点があります。


また、具体的な理由はわかりませんがファヨンはお父さんのことで苦労していたので、彼女もパク・ジェサンと同じように貧しい父親を持っていたかのかもしれません。


ファヨンとパク・ジェサンがお互いの境遇に共感していたとすれば、同じ目標を持つ協力関係だったのかもしれないと少し思いました。


考えてみると、そのような共通点が人と人を結んでいる気もするのです。

  • ファヨン×インジュ=極貧でハブ
  • ファヨン×インジュ×ソンウ=ハブられクラブ
  • ファヨン×ドイル=最も重要なものが金、"この世でお金ほど神聖なものはない"、スイスでお母さんと未来の経済の話?
  • ファヨン×パク・ジェサン=極貧から這い上がる?
  • ファヨン×ソンア=秘密を守り通すところ

それぞれ何かしらの共通点でつながっています。

ファヨンとパク・ジェサンの関係について、今後明らかになることを期待しています…!

パク・ジェサンはイネに自分を重ねてる?
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tvN 드라마 공식 계정(@tvn_drama)がシェアした投稿


"自分と似た境遇の人に共感"にも通じるところですが、パク・ジェサンはイネに自分が歩んだ同じ道を歩ませようとしているように見えます。


パク・ジェサンにとっては痛いところをついてくる記者のインギョンが目障りだからなのか、イネを上手く利用してイネが彼女を裏切るようにそそのかしています。


私は大きな犠牲を払ったが結局打ち勝った

だったら君にもできる?

地球上で君を誰より愛してる人を裏切れるか?


「地球上で君を誰より愛してる人」というのはインギョンがイネのことを

私が地球上で一番愛してる人間なんです

とパク・ジェサンに言っていたので、もちろんインギョンのことを指している言葉でしょう。


パク・ジェサンは父の死という大きな犠牲を払い、将軍には息子ソンウよりも自分が後継者に相応しいと認めさせ、ウォルリョン家のなかに映画「寄生虫」のように寄生していきました。


この流れをイネに当てはめるなら、インギョンを裏切り、ヒョリンよりも自分が特別だと認めさせ、ウォルリョン家に寄生する…


イネは姉に愛されるよりもオ家から抜け出すことを強く望んでいます。

 

若草物語」ではイネにあたる四女のエイミーが次女ジョーの幼馴染と結婚して、若干裏切るようなかたちになります。

なのでイネも何かしらの行動でインギョンを裏切ってしまうという展開が待っているかもしれません…。


秘密大好きウォン・サンア

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jiwon Uhm. 엄지원(@umjeewon)がシェアした投稿

これは私がただ気になってしまっただけなのですが、4話でのウォン・サンアのセリフには"秘密"という言葉がよく登場していました。


"秘密"というワードをふくんだサンアのセリフを抜粋してみました。

「あなたは秘密を守れるタイプ?」

父の秘密の温室よ」

「秘密の肖像画になるわ

誰にも見せない」

「私は"秘密"に引かれるの

みんなが知ってると面白くない」

「私たちは性格が似てた

秘密を守り通すところが」

この言葉を見てもウォン・サンアは"秘密"に執着している人間だと分かります。


サンアはイネが青い蘭の香りを嗅げば彼女の体調が悪くなることを知っていたようなので、イネの秘密なども握っている可能性もありそうです。

またサンアがファヨンと共有していた秘密とはどんなことなのでしょうか…?

 

他にファヨンのセリフにも

秘密の友達 インジュへ

という言葉がありました。

"秘密の友達"だったんだ…と少し驚きましたが、今後はそれぞれの持つ"秘密"にも注目していきたいところです!


オ・インジュはシンガポールにいた!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tvN 드라마 공식 계정(@tvn_drama)がシェアした投稿


4話のラストにもまた衝撃的な事実が発覚しましたね! 

なんと3年前からファヨンはシンガポールでオ・インジュの名前を使って生活していたのです!


そんなシンガポールにあったものは

  • オ・インジュ名義のマンション
  • 緑色のクラッシックカー
  • ビジネススクールに通っていてる
  • カフェの常連

またここで車が"緑色"なのも気になってしまいます…。


そして13日には7つの銀行に700億を分けて入金、それもオ・インジュの名前で…。

ファヨンが亡くなったのは17日なので、亡くなる5日前にスイスから入金したことになります。


つまり今、オ・インジュは大金持ちということになります!

125万ウォンを工面できなかったインジュが、20億ウォンを手にし失って、今700億を大金を手にしているのです!!


前の記事で考察したとおり、インジュがサインした謎の英語の書類は700億を入れる海外口座の開設のための資料でしたね!


それを聞いたインジュはシンガポールに行くことを決意します。


過去を回想したような映像には、インジュとファヨンがビジネススクールを下見しているような映像や、常連だとされているカフェにも2人で訪れていました。


過去にインジュとファヨンは1度2人でシンガポールを訪れたことがありそうです…そしてなぜファヨンは目に涙を浮かべていたのでしょうか…?2人が交わした会話が気になります!


クッカ銀行??

細かい指摘ですが、4話の最後のワンカットに"クッカ銀行"といちいち字幕で出るのが少し気になりました!


夜景をバックにしたラストシーンの電光掲示板に「국가은행(kookgabank)」と書かれています。

 

"いきなりクッカ銀行ってなに⁉︎"と思い、ここまでの内容の中から頑張って探してみると1カ所クッカ銀行と表記されていたものを見つけました!

 

1話でファヨンがインジュに125万ウォンを送金した画面をよく見てみると、

국가은행 진화영(クッカ銀行 チン・ファヨン)

と書かれています。

ファヨンはクッカ銀行ユーザーということですよね。


気になって、他にも銀行についての言及はあったのか探してみると、ドゥリ銀行という銀行名も見つけました!

・インジュが두리통장(ドゥリ通帳)を使用している(1話)

・サンアがドゥリ銀行のゴールドカードを使用している(4話)

クッカ銀行を使用してるのはファヨンだけで、インジュとサンアはドゥリ銀行ユーザーですね。


現時点で銀行といえば"ポベ貯蓄銀行"なので、わざわざクッカ銀行をフォーカスした理由があるはずだと期待しています。銀行関係での問題も浮上してきそうです…!


「シスターズ」5話はヒョリンが気になる!


ヒョリンも整形しているということが地味に気になっています…!

ヒョリンの絵を描きながら「鼻お母さん似だよね」とイネが言ったシーンで、

  • 中学の卒業写真を撮る前に整形した
  • お母さんはしてなくて
  • 親戚のおじさんに似た

ということが分かりました。


韓国での整形は特別なことではないのかもしれませんが、もともと母親に似ていなかったヒョリンが約2,3年前に整形して母親に似せたとも考えられます。


とくに4話でのヒョリンのセリフ

「この家は全てが本物ね」

「ヒョリンの家は偽物?」

お姉さんたちは心からイネを愛してる

愛されて当然だと思ってるんだね

私なら感謝するけど」

この言葉からも、ヒョリンはいまいち家族からの愛情を受け取っていないように見えます。

 

パク・ジェサンとソンアは目的を達成するための政略結婚っぽいので、公に見せている仲の良い家族像も偽物である可能性は高く、そうするとヒョリンと両親の血縁関係すら疑いたくなります。


5話の予告ではヒョリンにフォーカスが当たることが予測でき、ヒョリンの闇が見えてきそうですよね…!

5話ではヒョリンにも注目したいです!


シスターズ3話4話も謎が深まるばかり!

ここまで「シスターズ」の3話と4話の考察や気になる謎を紹介してきました。

3話と4話で明らかになった事実も多く、謎も深まってさらに面白くなってきましたね!

 

細かいところまでこだわって作られているので、私の考察もついつい深読みしすぎているところもあると思いますが、所々で共感いただけたら嬉しいです!


まだウォン・ギソン将軍は名前ばかりで実際に登場はしていないので、個人的にはどの俳優さんが演じるのかも気になっています…!


とくに3話と4話では命の危機はあっても誰かが亡くなるという展開はなかったので、5話6話ではまた不吉な事件が起こるかもしれないと私もドキドキしています。


まずはこの記事を読んで「シスターズ」の謎を復習し、次の5話・6話に一緒に備えていきましょう!

 

[Qoo10] (予約)marie claire : 1

WWW.QOO10.JP

choose-life.hatenablog.com

 

*1:サンウを精神病院に入れた

プライバシーポリシー