Fab5から自己愛を学ぶ!クィア・アイシーズン3の名言集!


スポンサードリンク

f:id:honoka888:20190419111956j:image

Netflixリアリティ番組Queer Eye(クィア・アイ)」 

すっかり人気番組となったクィア・アイは、現在シーズン3まで配信中です!

 

クィア・アイって何?」という方は、お先にこちらをご覧ください!

 

choose-life.hatenablog.com

 

シーズン3の舞台はアメリカのカンザスシティ

 

シーズン1はもちろんですが、シーズン3ももちろん感動のエピソードばかりです。

 

今回もクィア・アイのシーズン3から私をポジティブにしてくれるファブ5(Fab5)の名言や、名エピソードをまとめてみました!

 

※独断で抜粋していますのでご了承ください!また、ネタバレを含むので、ご注意ください!

 


1話 女ハンターの変身

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

this woman learned to love EVERY single part of herself and we couldn't be more proud ✨💓 we're obsessed with her!!!!

Queer Eyeさん(@queereye)がシェアした投稿 -

 

《アントニ》

お高めなレストランでの食事が苦手だと感じているジョディに対して。

It’s not about going and being intimidated and kind of scared by everything there
「怖くて緊張する場所じゃなくて冒険だ。」

 

苦手だなと思う場所ってありますよね。または、新生活で新しい環境に変わったり。私はこの言葉のおかげで、そんな場所をネガティブに捉えるのではなく、冒険だ!とポジティブに考えられるようになりました。

 


《ジョナサン》

綺麗に大変身した依頼人がジョナサンへ感謝を述べる場面で

You deserve it.
And it’s so not about like, looking pretty, so much as just like, giving yourself a little bit of love.
「あなたにふさわしい。綺麗になることより自己愛が大事。」

 

シーズン3のキーワードは"自己愛"。ありのままの自分を愛することを彼らから学びました。


《タン》

There’s no shame in self-love and self-care.
I hope that she remember everyday, that she is beautiful and that she is worthy of the love that everybody gives her.
「自己愛と自己ケアは恥じることじゃない。毎日美しいと感じ愛されるべきだと実感してほしい。」

 

私自身も"自己愛"はナルシズムとは違うと最近ようやく気づくことができました。

 

《カラモ》
Beauty is believing in yourself.
It’s knowing that you’re worth it.
「美しさは自分の価値を知ること。」
《タン》
Beauty, is confidence.
If you feel confident about who you are, beauty will radiate from you.
「美しさは自信。自信があれば美しく輝ける。」
《ジョナサン》
Beauty is, when you are so connected with your own heart, you don’t need to explain anything to anyone because you know that you are beautiful just the way you are.

「美しさは自分の心と繋がる事。説明もいらない。そのままで美しいから。」

 

"美しさ"とは、外見を綺麗に磨くことだけでなく、自分自身をよく知って自信を持つことだと教えてくれます。

 

2話 大人になれない中年男

 

 

≪アントニ≫

When my life was like a complete mess, when I was trying to come out of it, food was always a way where I kind of made myself feel better.
I know we touched on what you’ve come from in, like, dealing with addiction,
I don’t know about you, but I didn’t care about myself, so I definitely didn’t care about anybody else.
「問題を抱えてた時期、料理は気晴らしになった。依存症の話をしたね。僕は自分も周りもどうでもよくなった。」


シーズン3になって初めて、アントニが過去に依存症に苦しんでいたことを打ち明けた瞬間でした。料理がそれを乗り越える支えになったと知って感動しました。


3話 ジョーンズBBQ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YASS we’re completely obsessed with these shamazing businesswomen!! Talk about an iconic transformation!! 🙌✨💘

Queer Eyeさん(@queereye)がシェアした投稿 -


《カラモ》

毎日、忙しく働く2人に対して。


You all were always your knight in shining armors but you never allowed yourselves to be your damsels in distress.
Meaning you never allowed yourself to be taken care of and to show yourselves love.
Now, you can say, “It’s our time”.
「いつも気を張ってきて弱さを見せられなかった。自身をケアして愛することもなかった。今がそのチャンス。」


忙しい毎日の中では、どうしても仕事優先になり、自分を犠牲にしてしまう方も多いのではないでしょうか。それでも毎日、少しでも自分をケアする時間を持つことの大切さを教えてくれます。


4話 結婚式のミラク

 


《カラモ》


Nobody else is saying these things about you.
It’s you saying these things.
The only way to change this is to acknowledge it.
「醜いと思ってるのは君だけだ。変わる方法はそれに気付くこと。」


自己否定する習慣がついてしまうのは、とても悲しいこと。自分自身の良いところに気づかせて目を向けさせる、カラモのセラピーにも感動しました。

 

 

《ジョナサン》

Loving yourself and, like, learning to love yourself, is a conversation that, like, has to be more than five days.
「自分を愛する事を学ぶのは5日以上かかる。」
《タン》
Just take your time every day of the next few weeks, months, years...and be good to yourself.
「これから毎日少しずつ自分を褒めてあげて。」


これまで馴染みのなかった“自己愛”を、当たり前のものにするにはやっぱり時間が必要。私も、毎日少しずつからなら始められそうです。


5話 黒人女性の大変革

 


《タン》
今回のヒーロー、ジェスの壮絶な過去に対して、涙声になりながらタンが語ります。


That’s really difficult as a kid to understand, that one day my family might turn me down and say, “Actually, I don’t want to love you anymore because of who you are.”
As a kid you assume that the people you love will love you unconditionally for the rest of your life.
They don’t have to love you as you get older.
You have to find the strength to find people who love you enough to fight for it.
「子供には理解しがたい。ある日家族に他と違う個性があるから捨てられるなんて。
愛する人は何があっても一生愛してくれるはずなのに。彼らに愛されなくても、愛して守ってくれる人達を見つけられる。」

 


《カラモ》

I don’t want you to leave here thinking that you have to check one part of your identity because somebody reflected it back to you negatively.
Anything you do is your identity.
A strong, black, lesbian woman. 
「誰かに否定されたからってその部分を変える必要はない。全てが君のアイデンティティー。強い黒人のレズビアン女性。」


自分自身のアイデンティティーに悩んでいる人も多いはず。否定されたからって型にはまろうとせずに、ありのままの自分でいればいいんだと思わせてくれます。


6話 シングルファザーの前進

 


《ジョナサン》
継父をガンで看取った直後、母も卵巣ガンのステージ3になり、重い鬱になったと告白したジョナサン。

 

You experienced a loss and that’s the part that we have to, like love on a little bit.
「喪失感も愛する事も大事。」


I think as people, we want to put things in boxes.
And we wanna like wrap it up and have it be in nice bow and, unfortunately, with cancer and stuff, and losing people, like there is no box and there is no bow.
Like there’s no takeaway that’s going to be like,”Well, that’s how you deal with that.”
「人は箱に入れたがる。綺麗なリボンをつけて。でもがんや死は箱もリボンもない。正解の乗り越え方もない。」


For me, I know in my life I have not been able to deal with the severity of everything in one sitting, ‘cause it would like incapacitate me.
So, that’s why I go to the gym, that’s why I go to yoga, I just try to check in with myself in, like, little bits.
「僕はこのままでは悲劇に打ち勝てないと思った。だからジムやヨガに行き少しずつ自分を励ました。」


いつも明るくてムードメーカーなジョナサンにも、精神的に辛い時期があったとは驚きでした。自身の体験があるからこそ、同じく大切な人を亡くした依頼人に寄り添うことができる。多くの苦難を乗り越えて、今のジョナサンがあるんですね。


7話 ナマケモノをイケメンに

 


《カラモ》

There’s a wall that’s keeping you locked out of the world.
That, actually, is what keeps you from socializing with people on the outside.
Do you want this for another 21 years of your life?
「これが世間との障壁。人との関わりを避けてる。この先21年間もこのままでいい?」


ブロックを積み上げて壁を作り、ヒーローのトーマスが人に対して気づかぬうちに作っていた障壁を、目に見えるようにしたカラモ。壁を作りがちな私にも刺激になったセラピーでした。


《ジョナサン》

It’s actually not about the way you look, it’s about the way that you show up for yourself, through actions not words.
「恰好じゃなくて態度。言葉じゃなくて行動。」


いくら着飾ったっていくら口で言ったって、大切なのは態度と行動なのだということですね。思わず背筋がピンっとなる言葉でした。


〜番外編〜

《アントニ》
スピリットアニマルは?という質問に対しての回答。

「今日の動物はコーギーの子犬。3色で可憐なベッドに寝てる、暖炉のそばで柔らかい枕とブランケット。幸せなワンちゃん。」


こちらは番外編です。コーギー好きで知られるアントニ。ボビーが自分のアニマルをコーギーだと回答したのに対して、コーギーの“子犬”だと答えるところが、なんだか自分を分かっているというか…。アントニのキュートなところに見事にやられました。


8話 こんにちは赤ちゃん

 


《ボビー》

I struggle with some depression, and I’ve noticed when I’m in those funks, my bedroom starts to look like what your bedroom looks like.
And then you wake up in the morning and you see those piles and you’re like...
And it’s really hard to get on top of your piles of censored word , no pun intended,
「僕も鬱になる。落ち込んだ時は、僕の寝室も君の部屋みたいになる。朝起きて山積みを見ると、乗り越えるのがますます辛くなる。


Most people think, “My house doesn’t affect my mental health.” It does.
So I want to show you some ways to keep things organized, you know, I want to hit that reset button for you.
「家は精神に影響する。だから整理整頓してリセットしてほしい。」


自身も落ち込むことがあると打ち明けたボビー。同じ辛さが分かるからこそ、このようにアドバイスができるんですね。

 

《ジョナサン》

People think that asking for help is like a sign of like weakness, or it’s a sign of vulnerability. Not true.
「助けを求めるのは弱さだと思われるけどそれは違う。」
《アントニ》
Whatever it is that life brings us, there’s always support, there’s always someone to talk to.
「人生どんなことがあっても誰かに相談できる。」 


助けを求めたり相談するのが苦手な人もいるはず。自分の中に溜め込まず、相談することの大切さを改めて教えてくれました。

 

クィア・アイのシーズン3も涙なしでは見られない!

 

ここまでクィア・アイ、シーズン3の名言や名エピソードをまとめてみました!

 

シーズン3では、Fab5のメンバー自身も鬱や依存症に苦しんできたのだと知ることができました。

 

今でこそカリスマな5人ですが、問題を抱えて苦難を乗り越えてきた彼らだからこそ、相手の心に寄り添えて、説得力のあるアドバイスができるんですね!

 

そして、今回キーワードとなった"自己愛"。

 

各エピソードのヒーローたちが、Fab5の言葉を受けて、"自己愛"に目覚めていく姿を見ると勇気をもらえます。

 

自己肯定感の低い私にはいきなり"自己愛"という言葉はハードルが高いですが、少しずつ自分をケアしていくことで身についていくはずです。

 

この記事では英語字幕もそのまま引用しています。

 

クィア・アイのファンの方も、みなさんの英語勉強にも!お役に立てれば嬉しいです!

プライバシーポリシー