ランプヤン寺院でインスタ映え写真を撮るには?割れ門までの行き方も紹介!


スポンサードリンク

f:id:honoka888:20180924223457j:image

 

 

今回3泊4日のバリ島旅で「ランプヤン寺院」へ行ってきました!

割れ門の写真をインスタグラムで見て、「ここで写真を撮りたい!」と思い行くことに決めました。


ただ、ランプヤン寺院で下調べしたときに「階段があって大変…」「頂上まで何時間もかかる…」と見て行く前はかなり心配していました。


しかし寺院を見れて割れ門で写真を撮れれば充分ということであれば、サンダルで行っても大丈夫でビックリしました!

 

今回は実際のランプヤン寺院までの行き方や、写真撮影までの流れを詳しくお伝えします!

 

ランプヤン寺院の割れ門までは簡単に行ける!

まずランプヤン寺院について少しお話しますね!


ランプヤン寺院はバリヒンドゥー教にとって重要な6つの寺院の1つ。

ランプヤンのランプは「光」、ヤンは「神」を意味しています。


地元では「光の寺院」と呼ばれており、日本では標高1000mという高さから「天空の寺院」とも呼ばれています。

 

ランプヤンの代表的な3つの寺院は
麓にある「パナタラン・アグン寺院」
中腹にある「ランプヤン・マディヤ寺院」
頂上の「ランプヤン・ルフール寺院」です。


そして朗報!なんと割れ門の写真が撮れるのは、麓の「パナタラン・アグン寺院」なので頂上まで登らなくて良いのです!

 

私が調べた時は頂上まで登った方のブログを見て、その光景が登山のようだったので心配していましたが、実際の写真スポットまでは簡単に行けました。

ランプヤン寺院の場所と行き方

ランプヤン寺院まで行くには、主にツアーに参加するかカーチャーターして行く2択がメインになるかと思います。

 

今回は1日カーチャーターをお願いして、ランプヤン寺院に行ったあとに、ウブド周辺も観光しました。

 

私は一人で行ったので、ツアーよりもカーチャーターのほうが自分の好きなように、自由に行動できて良かったです。

ちなみに「バリ・ツアーズ.com」さんでお願いしました。

 

クタから3時間かけてランプヤン寺院へ

 

朝7:30に出発して、クタから車で約3時間。
少し山道を登ると麓の駐車場に着きます。

 

 


最後まで道が舗装されていて車酔いはありませんでした!


駐車場から麓の受付までは、相乗りのこの車に乗りました。
1人20,000Rphです。

 

f:id:honoka888:20180924220714j:image


ガイドさんいわく、これまでは車で麓まで行けていたけど、観光客が増えて最近は乗り換えなきゃいけなくなったとのこと。


受付に着くと、名簿に名前を書いて入場料の代わりにお布施を渡します。
任意の金額ですが、この時は20,000Rphを渡しました。

 

ランプヤン寺院での服装

バリ島の寺院には、露出の多い服では入れないので、サロンという腰布を巻きます。


サロンはガイドさんが用意してくれたものを借りたのですが、少しだけ肩が見える服だったので、受付で肩にもサロンを巻いてくれました!

 

もしサロンを用意していなくても、受付で貸してくれるので安心です!

 

f:id:honoka888:20180924222753j:image

 

バリ人センスなのか、すごく目立つピンクのサロンを巻いてくれました笑

 

割れ門までは坂道を登るだけ


受付の後、この急な坂を登るとすぐに割れ門に到着!!

 

f:id:honoka888:20180924220820j:image

 

意外とすぐ着いてビックリ!


門まではこの坂くらいしか歩かないので、サンダルで大丈夫でした。


割れ門でインスタ映え写真までの道のり


中に入ると、3つの門が印象的な「プナタラン・アグン寺院」が!

 

f:id:honoka888:20180924222257j:image


この反対側に割れ門がありますが、実は撮影するにはこの行列に並ばなければいけないのです…

 

f:id:honoka888:20180924222241j:image


人が少ないよと聞いていたのですが、それは過去の話らしく…

今や世界中から写真を撮りに多くの人が来ています。


この恐ろしい列の待ち時間約1時間半…

みなさん覚悟して来たほうがよさそうです。

 

朝一番とかだと人も比較的少ないとのこと。


写真は専属カメラマンの現地の人がいて、携帯を渡すと写真を撮ってくれます。

一緒にチップとして20,000Rphを渡しました。


好きな3ポーズと、最後にジャンプ!
というような流れで約4枚撮ってくれます。


グループで来てる人も、グループで4枚撮ってから、その後にちゃんと1人ずつ4枚撮ってくれます。


そうしてやっと撮れた写真がコチラ!

 


当日は奇跡的に快晴で、割れ門の奥には3,142mのアグン山がキレイに見えました!

私自身も思い出に残る1枚になりました。

 

割れ門が水面に反射しているような写真ですよね!

でも実はこの写真には、あるトリックがあります…

撮り方にコツがあるんですよね…

 

ここでは明かさないことにします。

ぜひ、行って確かめてみてください!


帰りは、少し周りの寺院を見てから、行きと同じく20,000Rphを払って相乗りの車で下りました。

 

遠くてもランプヤン寺院はオススメ!


ランプヤン寺院までも、写真までも距離があり時間はかかりますが、神聖なパワーを感じられるすてきな場所で、遠くても行った価値がありました!

 

バリ島には多くの寺院がありますが、その中でも特に、ランプヤン寺院は印象的で立派な割れ門と絶景が一緒に見られるスポットです!

 

今回、私は一人でランプヤン寺院に行ったので、ツアーよりも自由に行動できるカーチャーターにして正解でした。

 

割れ門までならハードルは高くないのでぜひ、思い出に残る一枚を撮りに行ってみてはいかがでしょうか!

 

プライバシーポリシー